メタボの危険性

いったいメタボリックシンドロームになると何がいけないのでしょうか?

メタボリックシンドロームは、様々な病気を引き起こす原因となる
動脈硬化と密接な関係にあります。

動脈硬化になると、どうなってしまうかと言えば、日本人の三大死因である、
癌、脳卒中、心臓病、このうち、脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、心筋梗塞などの心疾患になる危険性が極めて高くなります。

動脈硬化は、生活習慣病によって引き起こされる可能性があります。

メタボリックシンドロームのように、複数生活習慣病に、かかっている場合、
その発症リスクは、 単体での生活習慣病よりも、何倍にも膨れ上がってしまいます。

私は大丈夫?

高血圧、高脂血症、糖尿病、肥満症?
症状が何も出ないから私は大丈夫。っと思っていても、
メタボリックシンドロームの危険は、誰もがすぐ身近ある物です。

毎日の食生活運動嗜好品などの中に、メタボリックシンドロームになる原因はあります。

メタボリックシンドロームに対する対策を何もしないで居ると、
気づいたころには・・・。

そして、メタボリックシンドロームも、生活習慣病も、厄介なのは病気になりはじめたころは症状が現れにくいという点です。 「痛い」「かゆい」などの症状に出にくいため、自覚症状があらわれた頃には、かなり病気が進行している事が多いと言う事です。

本当に恐いですね (汗

では次は、メタボリックシンドロームの診断基準についてお話したいと思います。