メタボ診断基準

メタボリックシンドロームには、WHO(世界保険機関)で定められ基準策定がありますが、
2005年4月に、日本独自の「メタボリックシンドロームの定義と診断基準」が発表されました。

これは、人種により生活習慣や環境が異なり、体型などもまったく違う為、各国自体の診断基準を設けたほうが良いという考えにおいて、日本独自のメタボリックシンドロームの定義と診断基準発表されました。

日本独自の診断基準は下記の通りです。

メタボ診断基準 詳細

JASSO(日本肥満学会)基準
  • ウエスト(腹囲)
  • 血圧
  • 血中脂質
  • 血糖値
  • 男性・85cm以上 女性・90cm以上
  • 収縮期血圧値130mmHg以上 拡張期血圧値85mmHg以上
  • 中性脂肪(TG) 150mg/dL以上 またはHDLc40mg/dL未満
  • 110mg/dL以上3

上記項目のうち、2つ以上に該当する場合、メタボリックシンドロームと診断されます。

腹囲に関しては、メジャーさえあれば誰でも計ることができます。
※その時の注意事項として、おへそ回りをきちんと図ることが大切です。
腰の一番細いところではないので、気をつけてくださいね。

血圧、HDLc、中性脂肪、血糖は病院にいけば検査できます。検査機器があれば自宅でも、血液検査を行うことができます。

血液検査は、病院で検査するか、今では自宅で、簡単にできる検査キットもあるので、試しに
使ってみるのもいいでしょう。

子供メタボ診断基準

厚生労働省基準
  • ウエスト(腹囲)
  • 血圧
  • 血中脂質
  • 血糖値
  • 男女共に80cm以上
  • 収縮期血圧値125mmHg以上 拡張期血圧70mmHg以上
  • 中性脂肪(TG) 120mg/dl以上、またはHDLc40mg/dl未満
  • 100mg/dl以上

上記項目のうち、2つ以上に該当する場合、子供メタボリックシンドロームと診断されます。

大人だけではなく、子供メタボも急増していますので、お子さんには注意してくださいね。

次は、メタボリックシンドロームの原因についてお話します。