特定健診 内容詳細

特定健診の内容は下記のようになっています。

特定健診項目内用
  • ■ 質問表(服薬暦、喫煙暦等)
  • ■ 身体測定(身長、体重、BMI、腹囲)
  • ■ 理学的検査(身体検査)
  • ■ 血圧測定
  • ■ 血液検査
    ・脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    ・血糖検査(空腹時血糖またはHbA 1 c)
    ・肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP )
  • ■ 検尿(尿等、尿蛋白 )
  • ■ 医師が必要と判断した場合のみ(心電図、眼底検査、貧血検査)

内容項目を見てのとうり、この健診の特徴は、内蔵脂肪蓄積レベルを計るために、腹囲の測定をすることと、脂質異常、高血圧、高血糖のリスクを判定する内容になっています。

上記項目のうち、腹囲が基準値を超えていたり、肥満がある場合は、血糖値、中性脂肪や
コレステロール値、血圧、喫煙の有無によって、生活習慣病のリスクを判定します。

生活習慣病のリスクによって、動機づけ支援、積極的支援、どちらかの保健指導を受けることになります。