嗜好品の改善

嗜好品、つまり酒、タバコ、ジュース等。

嗜好品は人間が本来生きていくうえで、必要なものではありません。
しかし、「必要ないからやめましょう。」っといったところで、「はい、そうですね」っとやめれる人は、少ないでしょう。

嗜好品というのは、その人が、好んで楽しんでいるもので、
無理やりという事は、まずありませんね。

ですので結局のところ、好きな楽しみを、我慢するしかないわけです。
しかし、嗜好品は習慣性が強く、なかなか、やめれるものではありません。

意識して量や、回数を調節していきましょう。

お酒

「お酒が好きだ」、「仕方なく飲む機会が多い」という人は多いと思います。

仕事のストレス解消にお酒を飲んだり、食事のときお酒をお供にしたり、付き合いで飲んだり、祝い事で、と何かと、お酒は、我々の生活では、欠かせないものでもあります。

お酒を飲む事自体が問題ではありませんが、飲む量を調整する事が重要になってきます。
ですが、誰でもお酒を飲んでいると、気分が高揚して、ついつい飲みすぎてしまったりしちゃいますよね。

お酒に関して重要なのは、飲む量の調節なので、晩酌などを楽しんでいる人は、1週間で飲む量を決めて、徐々に飲む量を減らしていくようにしてみましょう。

付き合いで、飲むことが多い人は、最初の1杯目は乾杯用で、それ以降はジュースにしたり、飲まざるを得ない場合でも、ペースを遅くするなどして量を調節していきましょう。

目指せ禁煙

最近では、禁煙場所も少なくなり、喫煙者には窮屈な状況になりつつあります。

しかし、男女ともに、タバコを吸っている人は、まだまだ大勢いる事でしょう。

嗜好品の中でも、タバコは習慣性が最も強く、やめるには一番苦労するものだと思います。

タバコは急にやめることに挑戦してもおそらく、長続きせずに途中であきらめてしまうでしょう。
これには強い意志を持って取り組むことと共に、徐々に吸う量を減らしていく事と、1日の本数を決める事、タバコの強さを下げていく事が禁煙に繋がります。